コミュニケーションスキル講座

コミュニケーションスキル2級講座

コミュニケーション ミニ講座 ワンポイントアドバイス

コミュニケーションの基本をマスターしよう♪
ノン・バーバルをマスターしよう♪
両側面からの、視点をマスターしよう♪

コミュニケーションの基本をマスターしよう♪

こんな方にお勧め! 会話が上手く成り立たない方 ・ 引き籠りがち方 ・ 相手の反応に過敏な方

あなたはコミュニケーションの基本というのを知っていますか?

私達は義務教育というものがあるにも関わらず、コミュニケーションの基本すらしっかり学んだ経験がないはずです。

経験と大人達からの、あいまいな注意でしか学んできていないんですね…。

コミュニケーションの基本というのは、大きく分けた時の4つのコミュニケーションパターンです。

1. I’m OK. Youer OK. 私はよくて、あなたもよいというパターン!

2. I’m OK. Youer not OK. 私はよくて、あなたはダメというパターン!

3. I’m not OK. Youer OK. 私はダメで、あなたはよいというパターン!

4. I’m not OK. Youer not OK. 私はダメで、あなたもダメというパターン!

どんなコミュニケーションも、この4つの基本パターンに分類されるんです。

そして、それぞれのパターンによる結果も殆ど決まっている!

実は、このパターンを守ってコミュニケーションすれば、殆どは上手くいくという基本があるんです。

文字を書く時は、書き順通り書けば綺麗にかける。

時間を数える時は、1から順に数えれば解りやすい。

前に歩く時は、手足を逆に出せば歩きやすい。

などの当たり前となっている事と同じレベルのものが、コミュニケーションにも存在するのです。

最高のコミュニケーションを作り出してくれる、I’m OK. Youer OK.

自分が上手くコミュニケーション出来た時を思い出して頂ければ、このパターンに当てはまるのが殆どです。

自分を尊重して自分の意見を言えた時。

そして、相手も尊重して相手の意見を聞けた時。

この状態ではケンカは起こりませんし、気まずい感覚も感じませんよね。

いつも楽しく過ごしてる人達とは、無意識にこのパターンを多くとれているので、仲良く関係を続けられるんですね。

ケンカも気まずい感覚もない、幸せいっぱいの老夫婦を稀に見かけます。

この関係は無意識だけに頼らず、意識でもこのパターンを習慣にてし習得してるからこそ、幸せいっぱいに過ごせるんですね。

自分勝手なコミュニケーションを作り出している、I’m OK. Youer not OK.

我儘の自覚がある時のコミュニケーションを思い出して頂ければ、このパターンに当てはまる事が殆どです。

自分を尊重して自分の意見を言えた時。

なのに、相手を尊重せず相手の意見を聞けない時。

この状態ではケンカが起こる可能性が高いですし、ケンカにならない場合でも相手が我慢してるので関係の継続は難しいです。

とっても解りやすい例が、国民的アニメ『ドラえもん』のジャイアンがメインとして使っているコミュニケーションパターンです。

空き地で行われる、ジャイアンリサイタルはI’m OK. Youer not OK. のお手本と言えるでしょう。

自己否定のコミュニケーションを作り出している、I’m not OK. Youer OK.

奴隷意識のある時のコミュニケーションを思い出して頂ければ、このパターンに当てはまる事が殆どです。

自分を尊重せず自分の意見を言えない時。

なのに、相手を尊重して相手の意見は聞いている時。

この状態では自分が壊れてしまう可能性が高く、気付いた時には病院だったという危険性もあります。

奴隷が一番解りやすい例ですが、リアリティーが高いのは上下関係が発生しやすい仕事場や学校など。

「部下だから」「先生だし」と理由をつけて納得させてるつもりでも、自己崩壊へのコミュニケーションに変わりはありません。

最悪のコミュニケーションを作り出している、I’m not OK. Youer not OK.

一人になりたくて対人関係を避けている時のコミュニケーションを思い出して頂ければ、このパターンに当てはまる事が殆どです。

自分を尊重せず自分の意見も言えない時。

更に、相手も尊重せず相手の意見を聞かない時。

この状態ではコミュニケーション自体が消滅していき、最終的には命の危険が訪れる問題に発展します。

引き籠りや自殺志願者に多く見られるパターンであり、周りにも負の感情を与える最悪のパターンです。

このようにコミュニケーションは4つの基本パターンに分かれていて、それどれのパターンが作り出す結果も決まっています。

勘違いしないで欲しいのは、人間1つのパターンだけで生きている訳ではないという事。

だから、「私はこのパターンだからダメなんだ」「僕はこのパタンだから上手くいかない」など考えてはいけません!

コミュニケーションパターンは、その人のパターンでなく、その時のパターンなんです。

ジャイアンだって、いつもI’m OK. Youer not OK. ではなくて、I’m OK. Youer OK.の時も沢山あるんです。

だから、ジャイアンは嫌われる時があっても人気者でもある。

実はコミュニケーションスキルが高い人物だったりするんですね。

あなたも同じです。いつもI’m OK. Youer OK.じゃないとダメなんて事はありません。

コミュニケーションの基本を知って、出来る限りI’m OK. Youer OK.を意識して過ごしてみればいい。

他のパターンでいる事に気付けたのなら、I’m OK. Youer OK.に直す事はいつでも出来るはずです。

大切な事はI’m OK. Youer OK.が良いコミュニケーションを作る基本パターンだと知っている事。

そして、コミュニケーションをしている時に出来る限りパターンを意識してコントロールしてみる事。

I’m OK. Youer OK.へのコントロールが習慣化して、関係を深めていけた時、幸せいっぱいの老夫婦の様な存在になれる。

その時、あなたはコミュニケーションの達人として、多くの人達にコミュニケーションを教える存在になっているはずです。

コミュニケーションを基本から学びたい人は、の講座をお勧めします。

ノン・バーバルをマスターしよう♪

こんな方にお勧め! 相手に想いが伝わらない方 ・ 表現が苦手な方 ・ 接客業の方

あなたはコミュニケーションで、言葉の内容が相手にどれくらいの影響を与えているか知ってますか?

心理学ではこんな研究データがあるんですよ。

言葉の内容7%

声のトーン、リズム38%

表情・しぐさ55%

どうですか?あなたが思っているより、言葉の内容は重要でないという結果ではありませんでしたか?

コミュニケーションに苦手意識がある人の特徴として、『言葉の内容に拘り過ぎる』という間違った思い込みがあります。

「上手く話せないから、話題が豊富じゃないから、頭が悪いから、私(僕)は会話が下手」という思い込む方が多い。

このような間違った思い込みをする事が、更にあなたを上手くいかないコミュニケーションへ導いてしまうのです。

コミュニケーションで大切なのは表情やしぐさ、声のトーンなどノン・バーバルです!

コミュニケーションに苦手意識があるあなたにも、一度は上手くいったコミュニケーション経験があるはずです。

家族や友人、恋人など大切な存在と上手くいった時のコミュニケーションを思い出してみましょう。

言葉の内容が素晴らしく、小説の様な言葉を巧みに扱っていたのではないはずです。

相手と呼吸や話すスピード、声のトーンなどが合っていて、気持ち良さを感じながら話していたはずです。

この状態を『ノリが合う』と表現する若者も多いですが、ノンバーバルコミュニケーションが上手くいっている状態というだけです。

この状態を作り出すノン・バーバルテクニックで『ペーシング』『ミラーリング』という有名なコミュニケーションスキルもあります。

これらのテクニックを身につけるには本格的な勉強が必要ですが、今からでも出来る事もあるんです。

実は、ノン・バーバルを意識するだけでも、コミュニケーションに大きな変化を起こす事に繋がるんです。

言葉の内容に拘り、コミュニケーションに苦手意識を持っている方ほど効果を実感できるはずです。

一番簡単で効果的なノン・バーバルは表情のコントロールです。

嬉しい時、喜びを伝えたい時は満面の笑顔でコミュニケーションしてみましょう。

悲しい時は涙を流すなど悲しい表情で、怒っている時は怒りの表情でなど感情をしっかり表情に出すだけです。

簡単そうですが、出来てない人はとても多いんですよ。

最近はメールに絵文字、顔文字は当たり前ですが、対面のコミュニケーションでも表情に出せていますか?

表情を意識してコントロール出来れば、55%伝わるんです!

言葉の内容、文章力がちょっとおかしくても全然かまいません。

言葉に拘って100%の言葉チョイスが出来ても、伝わるのは7%だけ。

あなたは、7%の確立のものと55%の確率のもの、どっちを選んで意識し、頑張りたいですか?

本当にコミュニケーションを上手くなりたい人なら、間違いなく確率の高い方ですよね。

『ペーシング』や『ミラーリング』など本格的テクニックも学びたい方は コーチングをお勧めします。

コミュニケーションの基本から実用テクニックまでサポートし、コミュニケーションスキルアップを コーチが導きます。

言葉という確率の低い、誤解も与えやすいものに拘らず、確率高いコミュニケーションスキルを身につけましょう。

両側面からの、視点をマスターしよう♪

こんな方にお勧め! 頑固な方 ・ 一人で過ごす事が多い方 ・ ネガティブ思考の強い方

コミュニケーションだけではないのですが、私が一番大切だと思い、常に意識してるのは視点です。

ものの見方、物事の捉え方、出来事の受け止め方、相手の想い方などと言われているのは、全て視点の問題です。

視点の話をする上で、一番重要なのは視点は絶対に1つではないという事です。

コミュニケーションにおいても、この基本的考えはとても重要な要になります。

実は、私達が誰かとコミュニケーションをする時、必ず相手を「こんな人」とレッテルを張ってコミュニケーションしています。

これは意識でするより、無意識で行っている事が殆どです。

あなたの今までの経験や知識と重ね合わせて、無意識が勝手にレッテルを張ってしまっているのです。

これは常に緊張状態での疲れを予防する自己防衛的な対応でもあるので、この無意識は受け入れるべき事です。

ただ、無意識の視点だけでコミュニケーションを取っていては偏ってしまい、上手くいかない事も多くなります。

なので、意識で違った視点もあるんだと理解しておき、時には修正できる準備をしておくことが必要なんです。

今回はコミュニケーションの視点という事で、次の例を参考に理解していただければ幸いです。

【例1】  優しい人

優しい人=良い人という、安易な視点だけになっていないでしょうか?

優しい人にも「プラス側面」と「マイナス側面」が存在するんです。

【プラス側面】思いやりのある、親切、友好的など

【マイナス側面】おせっかい、相手の自主性を損なう、同情しやすいなど

【例2】  まじめな人

まじめ人=優秀という、安易な視点だけになっていないでしょうか?

まじめな人にも「プラス側面」と「マイナス側面」が存在するんです。

【プラス側面】我慢強い、素直、意志が強いなど

【マイナス側面】妥協できない、面白味がない、融通が利かないなど

【例3】  我儘な人

我儘な人=付き合いたくない人という、安易な視点だけになっていないでしょうか?

我儘な人にも「プラス側面」と「マイナス側面」が存在するんです。

【プラス側面】積極的、活発、自己表現が上手いなど

【マイナス側面】自己中心的、感情的、無責任など”

これら例の様なレッテルを張っても、プラスの視点マイナスの視点を持てるんです。

これは相手にないしてだけの事でなく、自分に対してもそうです。

コミュニケーションにおいて、「優しい人だから良い人」「我儘だからダメな人」などという事はないんです。

人間は人間でしかありません。良いも悪いも両方抱えている生き物です。

あなたも「コミュニケーションが下手だからダメな人」なんて事は絶対にありえません。

大きな括りで決めつけて自分や相手に否定的な感情を持つのは止めましょう。

あなたには良い所も沢山あって、悪い所も沢山ある。

私の良い所も視点によっては悪く見え、悪い所が視点によっては良く見える。

私達は様々な視点で人を見る事が出来ます。

そして、どの視点で人を見るのかは、あなたの自由です。

私は自分も相手もプラス視点で見て、仲良くなれるよう最大限の努力をする。

コミュニケーションを上手くなりたいのなら、このプラス視点を選んで人を見て過ごす事です。

もし、あなたのコミュニケーションが上手くいっていないのなら、あなたはマイナス視点で自分や相手を見ているかもしれません。

プラス視点を知りたい方は、 カウンセリングをお勧めします。

マイナス視点の習慣がついてしまっている人は、自分一人でプラス視点に気付く事がとても難しい状態です。

カウンセラーと確認しながらプラス視点に気付いて、プラス視点を身につけていくのも効率良い手段です。

どんな人にもプラス面とマイナス面がある事実を受け入れて、自分が好きな視点で人を見れるようになりましょう。

そうする事で、あなたが望むようなコミュニケーションを作れるようになるはずです。

コミュニケーションの悩みはあって当たり前の悩みなんです。

私達は毎日様々な人と様々な状況でコミュニケーションをしているのですから。

大切なのは、その悩みを放置せず、基本を意識しながら日々修正していく事。

自分だけでは難しい場合は、信頼できる人に相談する。

それでも難しい場合も放置せず、専門家と一緒に改善を目指しましょう!

毎日行っているコミュニケーションの悩みを放置するという事は、毎日辛い体験を受け入れるという結果を選択しているんです。

コミュニケーションは改善が可能です。

これから先、苦しむのか、楽しむのかは、あなた次第なんです。

この事を忘れずにコミュニケーションの問題としっかり向き合いましょう。

あなたには改善できる力があって、改善をサポートしてくれる環境もあるのだから♪

コミュニケーションスキル2級講座(日本カウンセラー学院監修)

/
コース・料金紹介(1人様)
全4回コース  週1回  1回3時間    ¥32,600
全8回コース  週1回  1回1時間半  ¥36,600
定員 3~10名
※現在団体申し込み(3人以上)のみになります。
開催場所
カウンセリングルームHeartful Time又は公共機関
※ご自宅、各法人施設への出張講座も致します。

コミュニケーションスキル2級講座は心理学理論に確立された、良質なコミュニケーションの基本的な能力を身に付ける為の講座です。

日常生活の中で私達は様々な人とのコミュニケーションを日々行っています。

親子関係、家族関係から始まり、友人関係、学校・会社などの社会関係まで人と人が出会えばそこから全てがコミュニケーションです。

しかし、私達はコミュニケーションをきちんと学んだ事があるでしょうか?

家庭や学校ではコミュニケーションは経験するけど、親や先生から学びませんでした。

よく考えてみると不思議だと思いませんか? 基本を学んでないんです!

コミュニケーションの基本を知らずに経験値のみで、様々な人と交流していたんです!!

誰もが人間関係で悩む経験を今までにしていると思います。

悩んでしまう自分、上手くコミュニケーションが取れない自分を責める事はありません。

基本を知らずに経験だけでトライしても、上手く行かない可能性のほうが高いのですから。

いつでもコミュニケーションを学べば成長し、スキルアップ出来るんです。

人間関係は難しい問題ですが、心理学の知識を理解する事で、基本的な問題は解決します。

円滑なコミュニケーションを行う為の知識、方法を理解し習得する事は、多種多様な人間が集まる現代社会で、大変必要な能力です。

NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会が発行する、コミュニケーションスキル2級資格を取得する事もできます。
※資格試験があります。

資格取得には講座と別に検定試験がありますが、講座でスキルアップするので合格出来るはず。

資格を取得すればスキルアップだけでなく、就職や転職のステップアップにも活用頂けます。

高学歴者より即戦力が好まれ経験や専門知識など+αの能力が重要視される今、

1番企業が望んでいるのは良質なコミュニケーションスキルを身につけた人材と言われています。

就職・転職活動はもちろん、現在の仕事でもアピールポイントになるでしょう。

実はコミュニケーションスキル2級は厚労省ニート対策プロジェクトにも加盟していてます。

ニートの方の社会復帰や就職活動にも活用して頂けます。

コミュニケーションスキル2級講座は1人でも多くの方が心理学に触れ、コミュニケーションスキルを高め、

潤いのある日々を過ごせる事を望んでいます。

潤いのある日々を過ごしている個人が増えて、潤いのある社会になる事を目標にしています。

あなたのコミュニケーションで社会のコミュニケーションも少しずつ変わります。

一人ひとりのコミュニケーションスキルアップに協力できれば嬉しいです。